横須賀・矯正|横須賀矯正治療ガイド

横須賀の矯正治療ガイドでは矯正をお考えの方のために、矯正のよくある疑問や矯正の費用の相場、矯正の症例をご紹介しています。

医療費控除について


医療費控除とは、10万円以上(原則)の医療費を支払った場合に、その年の所得税が軽減される制度です。所得税を計算する際に課税対象となる所得から一定の額を控除することができ、課税所得が少なくなるので、その分税金が安くなります。また課税所得が減ることでさらに住民税も安くなることもあります。





どのような医療費が対象ですか?





以下のような場合に医療費控除の対象となります。





(1) 納税者が、自分および生計をともにする家族のために支払った医療費
(2) 1月1日から12月31日までに支払った医療費





歯科治療でのどのような医療費が対象になりますか?





歯科医院で医療費控除の対象になるのは、美容や予防や健康増進が目的でないものに限ります。





<医療費控除の対象となる主な医療費>





  • 歯科での自費治療費
    ※健康診断の費用、医師や看護師への謝礼、予防を目的とした治療や薬の費用は対象となりません。
  • 治療のために購入した薬の代金(市販薬でもOK)
    ※ビタミン剤など健康増進や病気予防のための医薬品代は除く
  • 医院への交通費(電車やバスなど)
    ※自家用車で通院する場合のガソリン代、駐車場代は対象となりません。
  • 付添を業者等に頼んだ場合の付添料
    ※家族や親戚が付添をした場合の付添料は除く
  • 介護保険制度にもとづいて受けた一定の介護サービスの自己負担額




控除できる金額





医療費控除は、以下の計算式により求めることができます。





医療費控除額(上限200万円) =[1年間の医療費の合計額]-[保険金などの補てん金額]-10万円(※)





(※)総所得金額200万円未満の人はその5%





【保険金などの補てん金額とは】
医療保険や健康保険などから支給されたお金の金額です。医療保険の入院給付金・手術給付金、健康保険の高額療養費や出産育児一時金などがあてはまります。このような補てん金を受け取った場合は、その金額を支払った医療費から差し引きます。